夜の生活は慣れるもの?

夜型の生活には慣れる?

少しずつ慣れていく

人気ナイトワークであるキャバクラ嬢。

キャバクラ求人を見ても、その勤務時間はほとんどが夜となっています。

多くのキャバクラ店は深夜0時まで営業をしており、そのため閉店まで勤務をしていた場合は、就寝をするのは日付が変わってからとなります。

キャバクラ嬢になって最初の頃は、深夜まで働いていることに妙な感覚を覚え、なかなかその生活に慣れることが出来ないと思います。

ただたとえ夜型とは言え、一定のリズムを保っていれば体は少しずつ慣れて行きます。

就寝時間など生活サイクルを夜型に合わせ、そして可能な限りそれを守るようにしましょう。

ただ人には向き不向きがありますので、どう頑張ってもそうした生活に慣れないという人もいるかもしれません。

かといって昼には働けないという人は、出勤時間を短くするというのも1つの方法です。

キャバクラは時間の融通が利きやすく、1日1時間からでも働くことが出来ます。

たとえば18時からの勤務でも、勤務時間が2時間なら20時には終わります。

それくらいなら、生活ペースにそれほどの影響を与えるわけではありません。

もちろん勤務時間を短くすると、それだけ収入は減ることになります。

勤務日数を増やすことによりカバーすることも出来ますが、大きく稼ぎたいという人にとっては勤務時間を短くすることはおすすめ出来ません。

あくまでも1つの選択肢として、検討をしてみましょう。

 

夜型のペースを作ろう

たとえ夜型の生活に慣れることが出来ても、夜型の生活が昼型の生活に比べると健康や美容に悪影響を与えやすい点は変わりません。

ましてやキャバクラは、お酒や煙草とは無縁ではいられない場所です。

そのためキャバクラ嬢として働くのなら、これまで以上に自己管理をすることが求められます。

一睡もせずに次の勤務に臨むということがないように、毎日の睡眠時間を決めてそれを守るようにしましょう。

そうすることで、夜型に合わせた生活リズムを送ることができます。

また就寝前にパソコンやスマートフォンをすると寝付けなくなるとも言われていますので、なるべく控えるようにしましょう。

他にも夜型の生活になると、昼の仕事をしている友人と遊ぶ機会が減るというデメリットもあります。

生活リズムが違うわけですからそれも仕方ありませんが、どうしてもそれが辛いと感じるのなら朝キャバや昼キャバで働くことも考えましょう。

朝キャバや昼キャバの求人は、夜のキャバクラと比べるとそれほど多いというわけではありません。

しかし少ないながらも、確実に存在をしています。

キャバクラ求人サイトから、そのような朝キャバや昼キャバをサーチしてみましょう。