キャバクラで働く人の健康は

キャバクラと健康について

飲酒による体調の変化

お酒は適量なら良いのですが、限度を超えると健康に悪影響が現われますよね。

キャバクラには、客が注文したお酒をキャバクラ嬢が飲むというシステムがあります。

そのため、キャバクラで働くことにより体調を壊してしまわないか不安に思っている人もいるのではないでしょうか。

客が注文したお酒をその度に飲んでいては、恐らくその可能性は高くなるでしょう。

いかにお酒に強い人でも、酔いへの強さと病気への強さは別ものです。

ただキャバクラでは、ボーイに頼むことによりアルコールをノンアルコールにして貰うことも可能です。

それをすれば無理にお酒を飲み続ける必要がないばかりか、下戸の人もキャバクラ嬢として働くことが出来ます。

いかにお酒が好きという人でも1日の摂取量はセーブして、飲みすぎないようにしましょう。

体調を壊してしまっては、その期間は働くことも出来ません。

またお酒の影響かは不明瞭ながらも体調に異変を感じた場合は、無理をせずに病院に行きましょう。

病気への対象の基本は、早期発見早期治療です。

お金を稼ぐことは大事なことですが、それよりも優先させるべきことは健康です。

体調が悪い時に無理をしてまで、出勤をする必要はありません。

キャバクラ求人に応募する時は、病欠時にペナルティの無い店を選びましょう。

 

健康重視の人には向いていない?

健康に働ける職場を求めている人にとって、キャバクラはあまり向いていません。

その理由としてまず挙げられるのが、お酒です。

希望すればノンアルコールにして貰うことは出来るのですが、お酒が好きという人はついつい飲みすぎてしまうこともあります。

ご存知の通り、お酒は飲みすぎると体に悪影響を及ぼします。

お酒が原因で健康を壊したくなければ、どんなにお酒が好きな人でもその量をセーブする強い意思が必要です。

全てを躊躇なくノンアルコールに出来る分、お酒を飲めない人の方がこの点ではは良いのかもしれません。

また、客には煙草を吸う人もいます。

そのため客席には煙草の煙が漂っており、キャバクラ嬢である以上それを予防することは出来ません。

こうした煙草の煙が、健康に悪影響を与える面も少なからずあるでしょう。

そして、勤務時間が深夜に及ぶことも体にとって良いことではありません。

夜型の生活習慣が続くことで体調が悪くなったり、また美容にも悪影響を与える可能性があります。

ただこれに関しては、キャバクラ求人から朝キャバや昼キャバを行っている店を選ぶことにより防ぐことも出来ます。

それでもキャバクラは、健康を重視する人にとっては向いている仕事とは言えません。

健康的に働きたいという人は、注意が必要です。